FC2ブログ
DATE: CATEGORY:○ーちゃん
細長い足跡・・・
足跡1


猫の後ろ足でしょう。
しかし雪、しかもシャーベット状の上で鎮座するか・・・?

足跡2

前足と思われる丸い足跡も・・・

それに寒がりの猫がよりによって寒い中雪の上で散歩するのか?

しかしながらおトイレが我慢できなかったら

来るわな・・・。

足跡3

丸印が現在の○ーちゃんのおトイレポイント。
足跡から近い・・・。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ひとりごと
ここ倉敷市は余り雪が降らない。
積雪したのは五年前だったでしょうか。
雪の経験が少ないのでFR車がたくさん動けなくなっているのを鮮明に覚えている。

なのに今年は1/20(日)に引き続き昨日も積雪。
前回は日中積雪したのに凍結せずに翌朝を迎えた。
「ドカン!」
早朝から屋根の雪がまとまってカーポートに落ちる。
それの音と認識するまで気味が悪かった。
職場ではそのカーポートが雪の重みで屋根がたわんでいた。
まずい。
穴が開きそう。
二階の窓から大きなやかんに入れたお湯を流してもらうが、
雪+お湯の重みでますますたわむ・・・。
まずい。
傘で下からたたき上げて見る。
はじめ微動だにしなかった雪が徐々に振動で下へ下へとずれていく。
「どさどさどさ・・・」
まとまって落ちる雪。面白い。
カーポートの危機はこうして回避された。

昨日の雪を見ながら
「今回は夜降ったから凍結するな。歩いて出勤しなきゃ・・」
とふんでいたのに明け方あっさり雨になり、
一面シャーベット。
「車で出勤できるのは嬉しいがまたカーポートを救助しなければ」
なんて考えていたら、今回はその必要なし。
溶けた水が滴るだけ。
時折、屋根を駆け下りる音がして、
ひとまとまりの雪がどさどさ・・と窓を上から下に落ちていく。
これも面白い。

雪景色


写真は昨晩九時過ぎのもの。
バルブ撮影なので手ぶれバリバリ!
実際よりも明るく写りこんでます。
DATE: CATEGORY:○ーちゃん
こうなります。

○ーちゃん3



時間とともに伸び続け、

○ーちゃん4



最終的には爆発します。ウソです。

爆発したかのように放射状になり、
うっとおしい表情に輪がかかります。cute!
DATE: CATEGORY:○ーちゃん
○ーちゃんとは、

○ーちゃん1


うちのお庭にやってくるご近所さん。

○ーちゃん2


遊びに来るのかと思っていたら・・・
おトイレをしに来ているということが判明した。
引っ越してくる前から来ていたらしい。

暑い季節だけカットされてライオン猫になる。
可愛いし猫大好きなので是非お友達になりたいのだが、
おトイレをしていることに罪悪感があるのか、
なかなかなじんでくれない。というか、
「あの人は自分がおトイレをあの敷地でやっている限り、
決して自分に優しくはしてくれないだろう」
と思い込んでいる感じ。
残念。
半ば化石と化したうんちを掘り起こしていても
お友達にはなりたいのにな。
DATE: CATEGORY:らくがき
1/13は予定通りフラメンコ教室へ行ってきました。
中学・高校と一緒だった友人Hさんとはあまりお話が出来なかったが、
想像と違う面が多々あって、わずか二時間程の滞在だったけど楽しかった。

思った以上に生徒さんの年齢幅が広く、
「フラメンコ」という趣味だけのつながりでお互いに励ましたり褒めたり
教えあったりという風景がとても新鮮だった。

きっと趣味で習い事をされている方は
こういう素敵な時間をすごされているんだな~・・と羨ましくなったりして。

皆様飛び入りの私を快く受け入れてくださってありがとうございました。

で、その時に余り話せなかったから・・・とHさんから電話が入った。
その中で、私はすっかり忘れてしまっている弟Mへの悪戯の話になった。

当時弟Mにこんな悪戯をしたらこんな反応だったなどと
中学時代の友人に話していたらしい(私はあまり覚えていない)。

Hさんの言葉
「あるじちゃんのMに対する悪戯に比べたら・・・」
にもにじみ出てるようにかなりひどいことをしていたらしい・・・。
すっかり忘れていた私にHさんは思い出させてくれたのが・・・

「夏休みの宿題の絵、破り事件」
夏休みの最終日8/31だったと思う・・・
8歳年の離れた弟Mは宿題の追い込みで忙しそうだった。
いたずら1


暇をもてあましていた私は食事で中断した弟の絵に手を加えながら
悪戯を思いついた。
いたずら2


早速行動に移る。
模写をして本物そっくりの偽物を作り、
本物を隠した。
いたずら3


準備完了のところで弟が戻って来た。
いたずら4


ここぞとばかりに絵を破る。
惜しげもなく破る。
いたずら5


予想以上の反応だった。
いたずら6


自営業の父はいつでも家に居る。
早速弟Mは父にチクリ、父を連れて二階へ上がってきた。
悪戯を実行する前に本物の絵に手を加えたのがあだとなり、
弟Mは「僕はここに色を塗っていなかった!だから破いた方が本物だ!」と言い張った。
これには閉口した・・・。
事情を説明したところ、意外な父の反応・・・
いたずら7


壮大な悪戯に逆に関心されてしまい、
お咎めなし。
弟Mは納得できなかったようだ。

DATE: CATEGORY:ひとりごと
1/11のこと。
毎週金曜日にパンを売りに来る女性が今年初めて職場に来てくれた。
おばちゃんというにはキレイできっと年齢より若く見えているはず。
おねいさんという年齢ではない。

その方は時々
「母がボケ防止に作ってるんです」
とアクリル毛糸で作った素朴なアクリルたわしをプレゼントして下さる。
しかもその作者であるお母さまが時折助手席に乗って回ることがある。

1/11にはたわしを頂いてから初めてお母さまが同乗していた日。
もう既に四枚も頂いている。
しかしながら新品の毛糸で作られたたわしを頂いてすぐ使うにはどうにも惜しく、
思い切って洗剤を着けるまで三ヶ月くらいかかった。
「いつも使わせてもらってます。ありがとうございます。」
と助手席にハッチバックから話しかけてみた。
パン屋さんは「聞こえてないみたい」と言われた。
私が思っている以上にお年らしい。

パンを選んでお支払いをしていると、
助手席からわざわざ降りてきて、
「いつもありがとうございます。どんどん使って下さい。」
とおじぎまでしてご挨拶をして下さった。

ありがたい。
もったいない。
そして大喜び。

ものすごく嬉しい出来事でした。
パン屋さんはお世話で毎日大変な思いをされているとおもいますが、
おばあちゃんの症状が少しでも良い方向に改善されることを願ってます。
DATE: CATEGORY:あみぐるみ
牛


デカイです。
頭だけで30cm近く・・・。
座高は軽く50cmを超えます。

でかいあみぐるみも楽しいな。
DATE: CATEGORY:ひとりごと
中学からの同級生の一人がフラメンコ教室を運営している。
「教室に見学に行くね」
と言ってからはや一年以上経った事に気づく。
思い立ったが吉日とばかり、
1/13の今年最初のレッスンにお邪魔したいと年明けにメールを送るが返事が来ない。
昨日お家にお電話を入れたらお母さんが出られて、
なんと年末年始スペインに行っているとか!
そりゃ携帯のメールも返ってこないしつながらない訳だ。

今晩再度打診してみる。
断られませんやうに・・・(生徒さんのご都合があるからねー)。
DATE: CATEGORY:あみぐるみ
アルフォンス



「鋼の錬金術師」18巻が出た。
作りかけのアルフォンス・エルリックの頭が出てきた。
完成させたので今年第一号のあみぐるみ・・・。

本年もよろしくお願いいたします。

copyright © 2019 こきちん家 all rights reserved.Powered by FC2ブログ